【更新情報】
3/1 今月の京蔵”を更新
3/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/19 歌舞伎座“二月大歌舞伎”申込みフォームを開設
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/1 “今月の京蔵”を更新
12/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/15 “第79回珠實会”申込みフォームを開設
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/21 今年の舞台より”を掲載
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



京蔵の気まぐれ日記
7月20日 13:00
リンカーン・センター内デイヴィット・H・コークシアター
4度目のニューヨークだが、ここリンカーン・センター内の劇場は初めて。2500人収容の大劇場だが、音の返りがよくて喉には助かる。
第1部の舞台稽古で時間切れ。劇場近くの中華がお奨めと知人から聞いていたので直行!スタイリッシュな内装、ヌーベルシノワな料理も美味しい!
7月21日 19:30 初日開幕!
昼間に第2部の舞台稽古をして、1部2部通しはぶっつけ本番!日本人スタッフと現地のスタッフの苦労がさぞやと察せられるが、無事に閉幕。2500席満席、当日キャンセル待ちに長蛇の列、4回公演全て完売と聞いて欣喜雀躍!
マクベスの市村正親さんは、ハードスケジュールを縫ってのNY公演なのでお身体を案じたが、まあ心身ともにパワフルなことといったら!逆にこちらが叱咤された思い!
7月22日 17:00 公演2日目
時差ボケ、舞台稽古、初日と草臥れたので、昼間はホテルでゆっくりする。
終演後はまた美味しい中華に直行!
7月23日 休演日
月曜日はブロードウェイも軒並み休演なので、観たい公演が観られず残念!
で、オフブロードウェイの「ジャージーボーイズ」を観ることにする。ご当地ものだから、年配の男性客が多く、皆さんノリノリ!
英語が解らないから会話のくだりはさっぱりだが、大好きな「君の瞳に恋してる」が唄われ演奏された時は私もノリノリ!(笑)
7月24日 19:30 公演3日目
正午前、MOMA再訪。ピカソ、ダリ、マチス、ゴーギャン、モネ、そしてゴッホと名画の数々!堪能忘我至福の時………
楽屋入り前に、ホテル近くの日本蕎麦屋で遅い昼食。従業員の黒人女性に流暢な日本語で「こちらにお住いですか?」と尋ねられビックリして「いえ、仕事で来ています」と答え、「溶け込んでますか?」と聞き返したら、「ええ、溶け込んでます!」だって!
ニューヨーカーと思われ、すっかり気を良くした私でした!(笑)
7月25日 19:30 本日めでたく千穐楽。
延べ一万人動員!蜷川先生もお喜びのことと思う。
先生が居ない分、一座のプレッシャーは並大抵ではなかったと思う。が、結束力はより深まり、舞台も2015年コクーン初演よりも深化したと私は断言出来る!
ねえ、蜷川先生、そうですよね?
7月26日 13:25 JFK空港
JAL005便で出国。往路の機内で観た映画「シェイプ・オブ・ウオーター」に嵌まり、復路の機内でも再見 (笑) 究極のラブストーリー!
7月27日 16:25 羽田
無事に帰国。もうこの一座での出会いはないだろうと思うと感慨一入………
昨年の舞台より
「梅ごよみ」
芸者米八
「菊畑」
腰元白菊
「巷談宵宮雨」
芸者おせん
「傾城反魂香」
又平女房お徳
「江島生島」
島の娘
「江島生島」
中臈江島
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
先月の歌舞伎座では、「名月八幡祭」で松本の女将といふ大きなお役を頂き、玉三郎さんのご指導のもと、どうにか無事に(か、どうかはわかりませんが……汗)勤めることが出来ました。
お世話になった初世辰之助さんの追善狂言で、その上、大顔合わせの舞台で、こうして勤めさせて頂いたことは、誠に有り難く光栄なことと感謝に堪えません。ご支援賜りました皆々様には心より御礼申し上げます。ありがとう存じました。
辰之助さんの想い出は沢山ございますが、それはまた改めまして。

さて今月も引き続き歌舞伎座に出演致します。
夜の部「盛綱陣屋」幕明きの腰元を勤めます。

季節の変り目、皆々様にはくれぐれもご自愛くださいますやう。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2017 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.