【更新情報】
7/1 今月の京蔵”を更新
7/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/24 「中村京蔵 舞踊の夕べ」「中村京蔵の歌舞伎講座」のご案内”を掲載
7/1 中村京蔵 舞踊の夕べ 申込みフォームを開設”を開設
7/1 中村京蔵の歌舞伎講座 申込みフォームを開設”を開設
6/1 “今月の京蔵”を更新
6/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
5/1 “今月の京蔵”を更新
5/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/24 「NINAGAWA・マクベス」のご案内”を掲載
3/24 「NINAGAWA・マクベス」申込みフォーム”を開設
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/1 “今月の京蔵”を更新
12/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/13 雄山閣創立100周年記念企画のご案内”を掲載
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



「NINAGAWAマクベス」のご案内
チラシをクリックすると拡大します
公演のご案内をさせて頂きます。
一昨年、17年振りに上演された「NINAGAWAマクベス」が、本年7月さいたま芸術劇場にて、蜷川幸雄追悼公演として再演されることになりました。
私も再び魔女役で参加させて頂きます。
蜷川幸雄先生とは、最初で最後の出合いとなりましたが、大声で叱られ小声で褒められた(笑)その刺激的な稽古場は、一生の思い出として深く脳裏に刻まれております。
また、この魔女は初演以来、故嵐徳三郎さんの持ち役で、30数年前の日生劇場初演を拝見した折は、徳三郎さんの圧倒的な存在感に気圧され、歌舞伎の女方の限りない可能性を示唆された思いでした。私など徳三郎さんの足もとにも及びませんが、あとに続く者として、徳三郎さんのイメージを大切に、また新たな気持で勤める所存でございます。
つきましては、是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。ご来場をお待ち申し上げます。
※お申込みはこちらをクリックしてください
「中村京蔵 舞踊の夕べ」「中村京蔵の歌舞伎講座」のご案内
チラシをクリックすると拡大します
この度、2年半振りに舞踊の夕べを開催させて頂く運びと相成りました。
「吉野山」の静、「あなめ」の小町、「浮世床」の女髪結、いづれも大好きなお役で以前にも勤めさせて頂いておりますが、今回、藤間勘祖師、坂東勝友師、五條珠實師に改めてご指導を賜り、共演の皆様、演奏の皆様のお力を頂きまして、また新たな気持ちで舞台に臨む所存でございます。
つきましては、何卒万障お繰り合わせの上、是非ご高覧賜りたく、伏してお願い申し上げます。
なお、舞踊の夕べの翌20日に、女方を中心にした歌舞伎講座を開催させて頂きます。こちらへも是非お運び賜りたくご案内申し上げます。

※お申込みはこちら
中村京蔵 舞踊の夕べ / 中村京蔵の歌舞伎講座
京蔵の気まぐれ日記
2月11日 13:30 目黒喜多能楽堂 「樒天狗」
究極のSM能!?といふことで楽しみにしていたのだが、歌舞伎座への出勤時間が迫り、前シテしか拝見出来ず残念至極!
2月25日 10:00 歌舞伎座4階稽古場 俳優祭発注会議
しんどい作業が続く日々だが、だんだん形になって行く喜びがある。
衣裳、鬘、大道具、小道具、照明もほぼ決り、ひと安心。
雀右衛門伝説
連載を一時お休みさせていただいております。
舞踊の夕べの舞台より
「豊後道成寺」清姫 「豊後道成寺」清姫
「二人椀久」松山太夫 「二人椀久」
椀屋久兵衛(花ノ本海)
松山太夫(中村京蔵)
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
お蔭様をもちまして、先月末のNINAGAWAマクベス香港公演も無事に打ち上げることが出来ました!
香港文化中心大劇院の1700席は3日間とも完売の大盛況でした!香港在住30年の知人も、こんなに反響の凄い演劇シーンははじめてだ!と驚いておりました。
蜷川先生の1周忌追悼公演にて、尊敬する嵐徳三郎さんの後塵を拝して魔女役を勤めさせて頂けたことを大変光栄に存じます。 NINAGAWAマクベスは今月も引き続き、さいたま芸術劇場で13日より29日まで公演されます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

なお、既報の通り8月19日に舞踊の夕べ、20日に歌舞伎講座を開催させて頂きます。舞踊の夕べは2年半振りで、この度は時代、創作、世話といふ色どりの演目立てにしてみました。歌舞伎講座は女方を中心に、海外でのレクチャー経験を踏まえた内容に致しました。
お暑い最中ですが、是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。

お申し込各フォームをご利用ください(緑の文字をクリックしてください)。
皆々様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2017 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.