【更新情報】
2/6 国立劇場 小劇場 令和2年3月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」申込みフォームを開設
2/1 今月の京蔵”を更新
2/1 京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/17 文化交流使 キューバの舞台より”を掲載
12/8 “今月の京蔵”を更新
12/8 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/12 「舞踊の夕べ」申込みフォームを開設
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/14 “「歌舞伎と手仕事 第4弾」のご案内”を掲載
7/3 “今年上半期の舞台より”を掲載
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



国立劇場 小劇場 令和2年3月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」のご案内
チラシをクリックすると拡大します
来月の舞台のご案内をさせて頂きます。
3月は、国立小劇場に於きまして、菊之助さんが知盛・権太・忠信の三役に挑む「義経千本桜」の通し上演が三部制で公演されます。
私はBプログラムにて、権太女房小せんのお役を勤めさせて頂くこととなりました!重要なお役にて、心して勤めさせて頂きます。
つきましては是非ご高覧賜りたくご案内申し上げます。

皆々様のご来駕を心よりお待ち申し上げます。
※お申込みはこちらをクリックしてください
京蔵の気まぐれ日記
8月17日 正午 シアターコクーン
「九團次・廣松の会」
5月の半ばに廣松から「九團次さんと会をします。蝶の道行をしたいので、筋が解るやう前場を付けてください」と突然頼まれてびっくり仰天!いきなり云うか!という感じ!(笑)

人は出せない、ふたりきりと云うので、仕方ないのでお家騒動はバッサリ切って、四季の花が咲き乱れる花壇の庭での心中場とする。むかし、武智先生が「蝶の道行は四季の花が一時に咲いているのです」とおっしゃって、原作を読んだら、なるほど四段目勘左衛門住家の設定はその通りで、写実を基本とする五nの上方狂言にしては夢幻的な舞台造り。
蝶の道行で打ち出しでは寂しいので、地獄の花園で業を尽くした佐国小槙は雌雄の獅子に転生して、文殊浄土で獅子の狂いを見せる構成とした。
文藻乏しき三文作者は、原作の台詞を切り貼りしたり、超古い石橋の文句を引っ張り出したりと補綴の真似事。素人仕事ゆえ何卒ご容赦と3日で仕上げて渡したら、九團次さんも廣松も目を丸くしていた!(笑)
廣松は基本が出来ていないから、小言の云い通しでこちらが疲れる(苦笑)
8月30日13:30 渋谷コクーン稽古場
オイディプス稽古開始
今日はコロスの皆さんとの初顔合わせと読み合わせ。
演出の英国人マシューさんの緻密な指導。
文化交流使 キューバの舞台より
クリックすると拡大します

【今月の京蔵】
今年は暖冬のせいで、雪不足でお困りの皆様には申し訳ないのですが、インフルエンザの猛威からは逃れました!が、ホッとしたのも束の間、今度はコロナウイルスによる新型肺炎の恐怖に晒されております。
皆様、予防対策には万全を期してお過ごしくださいませ!

さて、今月も引き続き歌舞伎座に出勤致します。
昼の部「道明寺」後半の腰元を勤めます。
よろしくご高覧くださいますやう。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2020 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.