【更新情報】
7/11 文化交流使 気まぐれ旅日記 その4”を掲載
6/25 “文化交流使 気まぐれ旅日記 その3”を掲載
6/18 「晩夏の夕べ」開催のお知らせ”を掲載
6/10 “文化交流使 気まぐれ旅日記 その2”を掲載
6/1 今月の京蔵”を更新
6/1 3月の舞台より”を掲載
5/22 “文化交流使 気まぐれ旅日記 その1”を掲載
5/7 お詫び”を掲載
5/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
4/1 “今月の京蔵”を更新
4/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
3/20 昨年の舞踊の夕べ「道成寺二題」より”を掲載
3/19 “「ジョン王」のご案内”を掲載
3/19 「ジョン王」申込みフォームを開設
3/1 “今月の京蔵”を更新
3/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
2/27 緊急のお知らせ”を掲載
2/6 国立劇場 小劇場 令和2年3月歌舞伎公演「通し狂言 義経千本桜」申込みフォームを開設
2/1 “今月の京蔵”を更新
2/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
1/1 “今月の京蔵”を更新
1/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
12/17 “文化交流使 キューバの舞台より”を掲載
12/8 “今月の京蔵”を更新
12/8 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
11/1 “今月の京蔵”を更新
11/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
10/1 “今月の京蔵”を更新
10/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
9/1 “今月の京蔵”を更新
9/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
8/12 「舞踊の夕べ」申込みフォームを開設
8/1 “今月の京蔵”を更新
8/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新
7/14 “「歌舞伎と手仕事 第4弾」のご案内”を掲載
7/3 “今年上半期の舞台より”を掲載
7/1 “今月の京蔵”を更新
7/1 “京蔵の気まぐれ日記”を更新



「晩夏の夕べ」開催のお知らせ
京蔵と関 容子の「晩夏の夕べ」

1、「素踊り」
  京蔵

2、「女方のレクチャー」
  京蔵

2、「対談」
  京蔵・関 容子

■日時
2020年8月15日土曜日
16:30開場/17:00開演(19:00終演予定)

■場所
池上 實相寺
東京都大田区池上2−10−17 地図(PDF)
tel03−3751−4056
※東急池上線 池上駅より徒歩13分
※地下鉄都営浅草線 西馬込駅より徒歩10分
※東急バス(五反田⇔川崎)本門寺裏にて下車徒歩3分
※東急バス 上池上循環外回り(池上駅より乗車) 大坊前にて下車2分

■入場料
¥4,000
80名様限定 全席自由
※マスクをご持参ください

◇◆◇

皆様、コロナ禍の状況下、如何お過ごしでございませうか。お見舞い申し上げます。
この度は、関容子先生の肝いりで、関先生とお親しい実相寺様のご協力によりまして、上記のやうな催しが実現致しました。暑気払いと思し召して、皆々様のご来駕を心よりお待ち申し上げます。
なお、お申込みは、お名前、FAX番号、メールアドレス、参加人数を明記の上、e-mailあるいはFAXにてお願い致します。チケットはございませんので、お申込み後、こちらからお申込み完了のご連絡をさせていただきます。お代金は当日、受付にお名前をお申し出の上、お支払いくださいませ。

■e-mailアドレス
kyozo@ss.iij4u.or.jp
■FAX番号
03-3413-9150
お詫び
6月7月に出演を予定しておりました彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾『ジョン王』公演でございますが、この度のコロナウイルス禍の現状を鑑み、埼玉公演、名古屋公演、大阪公演全公演が中止となりました。
公演を楽しみにしてくださいました皆々様には、大変なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございません。何卒ご理解を賜りますやうお願い申し上げます。
私もとても残念ですが、次回を期したいと存じます。
取り急ぎお詫び申し上げます。

文化交流使 気まぐれ旅日記 その4

11月10日は休演日。ユーゲンの土居さん邸にお招きを頂く。途中、花壇の中を縫うやうに抜ける急勾配の坂道ロンバート・ストリートで車を降り記念撮影。それからゴールデン・ゲート・ブリッジを渡って対岸高台の土居さん邸へ午後0:30過ぎ到着。

23年前は、サンホセのお住まいの方に伺ったが、こちら新居は初めて。はたして、その邸内から望むサンフランシスコ湾の眺望たるや絶景のひと言!息を呑んだ!また、山越しに滝のやうに湾へ流れ落ちる濃霧は2度と見られぬ自然現象の極致!絶景かな!絶景かな!とはこの景色にこそ相応しい科白!

我々一行6人、領事館のアヤさん、児玉先生の叔母様とご友人(こちらに在住の叔母様は土居さんの昔からのご親友で、昨日のユーゲン公演もご覧くださった。合縁奇縁)、ユーゲンの吉田さん、金子さんご夫妻、土居さんご夫妻が一同に集い、こちらからは昨日のユーゲン側の尽力に感謝し、土居さん皆さんからは楽しいレクデモだったとのお言葉を頂き、乾杯!!!土居さんが徹夜で作ったという(笑)美味しい手料理とワインを楽しむ。一同名残を惜しみつつ再会を約して、16:30過ぎ辞する。この絶景は是非また見たい!
夜半、児玉先生が演博の催しで使う物品を買いに行きたいとのことなので、ウーバータクシーで向かう。アフガニスタン出身の運転手さんに45歳?と云われて、気をよくする私!呆れる児玉先生!(笑) 無事に購入して、近くのバーで一杯飲んで帰途に付いたけれど、明日は移動だけだし、まだ全然話しが尽きないので、ホテルから近距離の児玉先生お薦めのザ・アメリカ!とも云うべきお店「アメリカンダイナー」で、珈琲飲んで深更までおしゃべり。

11日 ロサンゼルスへの移動日。12:30離陸、30分ほど早くロスに到着。UCLAのゲストハウスへ直行。サンフランシスコのホテルが、工事中の建物の真ん前で大変喧しかったのに比べ、こちらは大学敷地内の木々に囲まれた閑静な環境でホッとひと息。
18:00よりUCLA主催の夕食会に一同お招きを頂く。エメリック・島崎聡子UCLA教授ご夫妻、十重田早稲田大学教授・田中ゆかり日本大学教授ご夫妻、上甲由美さん(早稲田大学国際担当)各氏同席。話題は多峡に亘り、話しは尽きず。21:00過ぎ散会。

※次回更新は7月25日頃の予定
3月の舞台より
「義経千本桜」 権太女房小せん
小せんは権太の歳上の恋女房で、椎の木から通すと実にいいお役です。女郎上がりですが、浄瑠璃原文に「女房盛りの器量よし」とか「器量よければ心まで尊い」とあり、女房の鑑みたいなお役で、女方冥利に尽きます。鮓屋で引っ込んで、楽屋で権太の述懐を聞いていますと、自然と涙が溢れます。菊之助さんからこのやうな機会を頂き、感謝に堪えません。
コロナ禍で、無観客の動画配信のみとなり残念でしたが、また是非演じてみたいお役です。
(善太郎・上田洋輝君)

【今月の京蔵】

皆様、如何お過ごしでしょうか。
コロナ禍による自粛要請は解除されましたが、第2波第3波も懸念され、まだまだ油断はなりません。
どうぞ、くれぐれもお気を付けてお過ごしくださいますやう。

CM「勘定奉行」より
中村京蔵へのメッセージ、ご意見はこちらまで。
kyozo@ss.iij4u.or.jp

(C)Copyright 2001-2020 NAKAMURA KYOZO All Rights Reserved.